Hideo Fujiwara‎ > ‎9. Meditations‎ > ‎

奈良町しぐれ


1. 年をとったら出しゃばらず
  憎まれ口に 泣き言に
  人のかげ口 愚痴いわず
  他人のことは褒めなはれ
  聞かれりゃ教えてあげてでも
  知っていることでも知らんふり
  いつでもアホでいるこっちゃ
  「身代り猿」に願います

2. 勝ったらあかん負けなはれ
  いずれお世話になる身なら
  若いもんに花もたせ
  一歩さがってゆずるのが
  上手に生きるコツですわ
  いつも感謝を忘れずに
  どんな時でも へぇおおきに
  「一言観音」頼みます
  
3. お金の欲を捨てなはれ
  なんぼゼニカネあってでも
  死んだら持っていけまへん
  生きてるうちにばらまいて
  というのは表むき
  死ぬまでしっかり持ちなはれ
  この世はやはり金しだい
  ここは奈良町「庚申さん」

4. 昔のことはみな忘れ
  自慢ばなしは しなはんな
  わしらの時代はもう過ぎた
  なんぼ頑張り 力んでも
  体がいうことききまへん
  あんたはえらい わしゃあかん
  そんな気持ちでおりなはれ
  「とげぬき観音」助けてね
  
5. わが子に孫に世間さま
  どなたからでも慕われる
  ええ年寄りになりなはれ
  ボケたらあかん そのために
  頭の洗濯 生きがいに
  何か一つ趣味もって
  せいぜい長生きしなはれや
  「延命地蔵」にすがります